menu
close
Event/Spot

山陰地方最大級! 島根県・由志園のサマーイルミネーションは8月10日から!

由志園サマーイルミネーション

島根県大根島の中心に位置する日本庭園「由志園」で、2018年8月10日(金)から山陰地方最大級のイルミネーション「サマーイルミネーション2018」が開催されます。

日本庭園と牡丹と高麗人参と紅葉の名所「由志園」とは?

島根県の中海(なかうみ)という湖に浮かぶ大根島。島には美しい牡丹の花が見られることで有名な日本庭園「由志園」があります。由志園は高麗人参の生産地でもあり、秋は紅葉の名所としても有名な庭園です。

この山陰地方一の規模を誇る由志園では、新たな庭園の文化の創造を目指し、最新のテクノロジーを大胆に駆使したイルミネーションで、毎年訪れる人々を驚かせています。
日本庭園とイルミネーションという意外な組み合わせが素晴らしい!と、昨年も来場者から大好評でした。

そんな由志園の「サマーイルミネーション2018」が、今年も14日間限定で開催されます!

日本庭園で繰り広げられる和のサマーイルミレーション

山陰地方最大級の美しさを誇る由志園のイルミネーション「サマーイルミネーション2018」は、竹取物語をテーマに1万坪の広大な日本庭園が七色の光でライトアップされます。

今年は、日本庭園ではお馴染みの「三尊石」が最新のLEDネオンフレックスによって彩られた「Digital三尊石」や、フルカラーピクセルイルミネーションによる「デジタル竹林」が初登場し、日本らしい和のイルミネーションが昨年よりさらに進化しました。

さらに、由志園の象徴でもある牡丹の花が光ファイバー製の水中花として池の中で咲き誇ります。
クリスタル製の睡蓮花が一面に浮かぶ光の世界「水中花園II」や、5万球のイルミネーションを使用した「白糸の滝イルミ」も人気に応えて今年も登場し、日本の夏の納涼感を演出します。

浮世絵にコビト探し?! コンテンツが豊富な由志園「サマーイルミネーション2018」

由志園サマーイルミネーション
期間中は、江戸時代の浮世絵を映し出すプロジェクションマッピング「ちょっと怖い、国芳のプロジェクション浮世絵マッピング」や、「MIRRORBOWLER限定ライトアップ」がサマーイルミネーションと同時開催されるなど、イルミネーション以外にも夏の夜を満喫できる豊富なコンテンツが盛り沢山です。

その中でも、由志園内に隠れているコビトをスマホのARアプリを駆使して探し出す「夜行性のコビトたちII」は、子供たちから人気を博しそうです。ARアプリはiPhone、アンドロイドともに無料ダウンロードが可能なので、ぜひ事前にゲットしておきましょう。

最先端のテクノロジーを使用して、進化する日本庭園「由志園」。
日本の和とイルミネーションの意外な組み合わせは、他にはない新しい取り組みです。
この夏は、由志園の「サマーイルミネーション2018」を訪れて、和のイルミネーションが演出する日本の夏を満喫してみてはいかがでしょうか。

由志園「サマーイルミネーション2018」

【開催場所】
日本庭園 由志園(島根県松江市八束町波入1260-2)
【開催期間】
2018年8月10日(金)〜 8月20日(月)
2018年8月24日(金)〜 8月26日(日)
【点灯時間】
19:00~21:00
【公式サイト】
http://www.yuushien.com/yuushien/
【お問い合わせ】
0852-76-2255(電話受付時間9:00~17:00)
Please Sareこの記事をシェアする