menu
close
Event/Spot

地下街最大級! 東京駅一番街のイルミネーション「星空ステーション」開催中

様々な電車が乗り入れしている東京都内の駅の中でも、東海道新幹線と東北新幹線の起点となっている東京駅は、日本を代表するターミナル駅として知られています。

丸の内口の赤レンガ造りの駅舎も特徴的で、知らない人はいないと言っても過言ではないかもしれません。

そんな東京駅の地下に広がる、和菓子や洋菓子をはじめ、テレビやアニメのキャラクターグッズなどの東京土産や、レストランやファッション、雑貨などバラエティーに富んだお店が集まる「東京駅一番街」で、ウィンターイルミネーションが楽しめることをご存知ですか?

20万球が光り輝く! 4つのゾーンからなる地下街最大級のイルミネーション

東京駅一番街では、地下街最大級・合計20万球ものLED電球を使い、「のぞみ広場」「森の小道」「SOUTH AVENUE」「NORTH AVENUE」と趣の異なる4つのゾーンでウィンターイルミネーションを2018年2月14日(水)まで開催中です。

八重洲地下中央口改札を出てすぐ、東京駅一番街の玄関口とも言える「のぞみ広場」では、6000球もの星が降り注ぐようなホワイトイルミネーションがお出迎え。

のぞみ広場のイルミネーションは1時間に一度、オーロラのように色が変化するのだとか。変化する時間はわずか3分程度なのでお見逃しなく!

テレビやアニメのキャラクターショップが軒を連ねる「東京キャラクターストリート」は「森の小道」となって、4万4000球のイルミネーションが森の中の清廉な白い星空を表現しています。

また、合計18本の柱にもキラキラとしたイルミネーションが施されています。
一部の柱には1から10までの番号が振られたなぞなぞ付きの仕掛けも! 小さなお子様とも楽しみながらイルミネーション鑑賞ができそうです。

飲食店が立ち並ぶ「SOUTH AVENUE」エリアの天井は、5万4000球の金色のイルミネーションが輝きを放ちます。大人な雰囲気も感じられる落ち着いた光の中で、何を食べようかな?と考える時間も楽しいものになるかもしれません。

「NORTH AVENUE」は全てのエリアの中で最多9万6000球のイルミネーションを使用。全長160mの天井からは幻想的なアクアブルーの光が降り注ぎます。

ブルーの光の中に、一筋のホワイトイルミネーションが流れる様子は、まるで流れ星に遭遇したかのような気分を味わえますよ。

その他、東京キャラクターストリート「いちばんプラザ」前には、イベント名ともなっている架空の駅「星空ステーション」の案内板が。駅ならではのフォトスポットが用意されているなど、随所にこだわりの演出が光ります。

全天候型・朝から夜まで楽しめるイルミネーション!

地下街だけあって雨や風の影響も受けず、小さなお子様連れでも安心の全天候型なので、寒さに震えながら鑑賞することもなく予定も立てやすいのが嬉しいですね。

駅直結のアクセスの良さと、朝5時〜深夜0時まで長い時間点灯しているイルミネーションは他にはない特徴です。

イルミネーションを楽しみながら美味しそうなレストランを探したり、お気に入りのキャラクターグッズやお土産のショッピングを楽しんだりと、自分の好きなペースで過ごせる東京駅一番街のイルミネーション。

この冬のお出かけリストに是非加えてみてはいかがでしょうか?

東京駅一番街「星空ステーション」

【開催場所】
東京駅一番街 B1(東京都千代田区丸の内1-9-1)
【開催期間】
2017年11月2日(木)~2018年2月14日(水)
【点灯時間】
5:00~24:00
【公式サイト】
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/
【お問い合わせ】
03-3210-0077 (代表)
Please Sareこの記事をシェアする