menu
close
Knowledge

最先端のイルミネーション?! プロジェクションマッピング

冬の夜を彩るイルミネーションには様々な種類があり、全国各地で行われるイベント毎に趣向を凝らした演出が楽しめますが、なかでも近年注目を集めている「プロジェクションマッピング」をご存知でしょうか?

今回は、最先端のイルミネーションともいえる「プロジェクションマッピング」についてご紹介します。

近年注目のプロジェクションマッピングとは?

「プロジェクションマッピング」は主にLEDなどを使って演出を作り上げるイルミネーションに対し、コンピュータなどでプログラミングした映像を使って建物やモニュメント、空間に映し出す技術のことをいいます。

プロジェクションマッピングも映画のようにプロジェクターなどの映写機を用いますが、スクリーンなどに映し出すのではなく、建物などの立体物に映像を張り合わせるように映し出すのが大きな特徴です。
そのため、映像を制作する段階で映し出す立体物に合わせて動きや明るさなどを細かく計算する必要がありますので、芸術的で視覚効果の高い演出が可能になります。また、音楽と合わせることで映像の躍動感や臨場感といった表現方法にも幅が広がります。

プロジェクションマッピングの歴史は実は古く、1969年ごろのアメリカ・ディズニーランドで実用化されたのが始まりといわれており、これまで日本国内でも主にコンサートやイベントなどを通して使用されていました。
そして、2012年に行われた東京駅でのイベントがきっかけでプロジェクションマッピングが広く認知されるようになり、現在では全国のイルミネーションイベントをはじめ、東京ディズニーランドやすみだ水族館などに代表される観光施設でも活用するところが増えつつあります。

プロジェクションマッピングが気軽に楽しめるアプリも登場

プロジェクションマッピングが気軽に楽しめるアプリも登場
プロジェクションマッピングは、大規模なイルミネーションイベントなどでは経験豊富なスタッフによって美しくダイナミックな映像が表現されているほかに、スタイリッシュな映像を制作してプロモーションに活用するという企業も増えてきており今後のさらなる進化が期待されています。

その一方で、近年ではスマートフォンやタブレット端末でプロジェクションマッピングが作れるアプリが登場しており、プロジェクターを用いれば気軽に自宅でも楽しめます。
映し出す映像はもちろん、どんな立体物を使用するかなど活用方法は無限に広がっていますので、自宅でイルミネーションを飾りつける際はぜひプロジェクションマッピングも組み合わせてみてはいかがでしょうか。

また、使い方次第ではホームパーティやちょっとしたイベント事などでも場を盛り上げるツールとして楽しめることでしょう。

イルミネーションイベントでプロジェクションマッピングを楽しもう!

近年注目の「プロジェクションマッピング」についてご紹介しました。
プロジェクションマッピングは、アプリを使えばイルミネーションの飾り付けとも簡単に組み合わせられるのが魅力ですが、やはりなんといっても大きなイルミネーションイベントに足を運んで光と映像による大迫力の演出を楽しみたい!という方も多いことと思います。

最近はプロジェクションマッピングを取り入れているイルミネーションイベントが全国的に増えてきていますので、ぜひこの冬は夜に煌めく光と映像の幻想的な空間を堪能してみてはいかがでしょうか。

Please Sareこの記事をシェアする