menu
close
Knowledge

LEDライトで野菜や植物を栽培?! その仕組みとメリットとは

イルミネーションをはじめ、自転車のライトや街灯など様々な場面で活躍している「LED照明」。実はこのLEDライトが野菜や植物の栽培にも活用されていることをご存知でしょうか?

今回は、LEDライトで野菜や植物を栽培できる仕組みやメリットなどについてご紹介します。

LEDライトで野菜や植物が元気に成長?!

野菜や植物が成長するために欠かせないのが「光合成」という働きです。
太陽光を浴びて栄養を作る光合成によって野菜や植物は元気に育つことができますが、一方で日陰など太陽光が当たりづらい場所では上手く育たず成長に差が出てしまいます。
しかし、そのような場所でもLEDライトを使うことで日当たりの良い場所と同じように、野菜や植物を元気に育てることができるのです。

太陽光には紫外線など人間の目には見えない光のほかに、私たちが太陽を見てまぶしいと感じる「可視光線」という光が含まれており、この可視光線が植物の光合成に使われています。可視光線は、人間の目には虹のように様々な色の光として見えており、このうち青と赤色の光が野菜や植物の成長に必要な光であることが分かっています。
そのため太陽光でなくとも、人工的に青や赤色の光を浴びせて成長させることが可能です。

実は人工的に光を当てた野菜や植物の栽培は以前から行われていましたが、白熱灯や蛍光灯が使われていたため消費電力が大きく、電気代もかさんでしまうものでした。
しかし、消費電力が少なくて寿命も長いだけでなく、様々な色の光を発光できる高性能のLEDライトが登場したことで、より効率的に野菜や植物の栽培が行えるようになりました。

太陽光より便利?! LEDライトを野菜や植物の栽培に使うメリット

LEDライトを野菜や植物の栽培に使うメリット
LEDライトは野菜や植物の栽培が効率的に行えるだけでなく、太陽光に比べても様々なメリットがあります。ご家庭やお仕事で自家製野菜や植物の栽培を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

害虫がついたり病気になるリスクが低い

屋外での野菜や植物の栽培で大きなリスクとなるのが害虫や病気です。
一旦かかってしまうと全滅してしまう恐れもある厄介なものですが、LEDライトを使えば屋内でも育てられますので、これらのリスクを低くすることができます。また、農薬や殺虫剤を使う必要がないのも嬉しいメリットですね。

安定した野菜の収穫が見込める

野菜を屋外で栽培していると、天候の影響などによって収穫量が左右されることがあります。さらに雨風対策なども必要になってきますが、屋内での栽培が可能なLEDライトであれば、こうしたリスクを下げて必要経費も安く済ませることができます。
また、LEDライトと育てるスペースを用意すればどこでも簡単に栽培できますので、ライフスタイルや家庭環境に合わせて楽しめます。

そのほかにも、天候や日照時間の影響がないLEDライトは効率よく光を当てられるため、太陽光を利用した栽培に比べて、野菜や植物の育ちがよく成長も早いといったメリットが挙げられます。

植物栽培用の商品も! LEDライトが農業を変える?

LEDライトで野菜や植物を栽培できる仕組みやメリットなどについてご紹介しました。
LEDライトを使用した野菜や植物の栽培は、害虫や天候などの影響を受けにくいというメリットが事業に利用され、「LED菜園」や「植物工場」といった形で導入が進んでいます。

さらに、こうした企業での大量栽培だけでなく、例えばカフェやレストランの自家製野菜、オフィスのリラックススペースとしてなど様々な形で気軽に活用できるのは大きな魅力です。
また、近年は家庭菜園が人気となっており、植物育成用としてより便利なLEDライトが数多く販売されています。

このように栽培を行うスペースや天候、時期などにとらわれず野菜や植物を育てることが可能なLEDライトによって、大都市の菜園など近い将来日本の農業がさらなる発展を遂げて、大きく変わっていくかもしれませんね。

Please Sareこの記事をシェアする