menu
close
Enjoy

手軽にできる! おうちでイルミネーションを楽しもう

冬のクリスマスシーズンをツリーとともに彩るイルミネーション。近年は夏に行われるサマーイルミネーションも高く注目されていますが、そんな光の演出をご自宅でも楽しみたいと考えたことがある方は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、初心者の方でも自宅で手軽に楽しめるイルミネーションについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手軽にできるイルミネーションから始めてみよう!

自宅で楽しむクリスマスといえば、ご家族みんなでツリーを飾り付けたり、リースを壁やドアに飾るのが一般的です。
なかには、毎年家の中や外をイルミネーションで豪華に飾り付けているという方もいらっしゃいますが、初心者の場合は「手間がかかりそうだし大変そう」と諦めてしまっている方も多いことと思います。

しかし、イルミネーションには初心者の方でも飾り付けが簡単にできるものが数多く用意されていますので、まずは手軽に始められるものからスタートし、回数を重ねるごとに豪華にしていくという方法がオススメです。

そして初めてイルミネーションの飾り付けに挑戦する場合は、まずは屋外ではなく家の中から始めるのがよいでしょう。特にリビングや玄関、窓などに設置するだけでもロマンチックな気分がグッと上がります。また、屋外に比べて雨などトラブルの影響が少ないという点も初心者の方にとっては安心できるポイントです。

初心者の方にオススメのイルミネーションは?

初心者の方にオススメのイルミネーションは?
イルミネーションを用意する前に、まずはどのように飾り付けたいかイメージすることが大切です。ここでは、初心者の方でも手軽に始めやすいイルミネーションを挙げていきます。

モチーフライト

初心者の方にオススメなイルミネーションの一つは、置き物タイプの「モチーフライト」です。クリスマスムードを高めるサンタやトナカイなどをモチーフにした定番のものをはじめ、壁掛けタイプなど様々な製品が販売されています。普段使っているインテリアや棚の上にモチーフライトを飾ったり、玄関に設置してみたりと幅広く活用できます。

つららライト

窓の装飾にオススメなのがLEDライトを垂れ下げるようにして飾り付ける「つららライト」です。冬になると軒下などにできるツララをイメージしており、動きのある演出が手軽に楽しめます。ベランダの手すりやフェンスにも活用できますので、初めて屋外の飾り付けに挑戦する際にもオススメです。

ストリングライト

1本のコード状になっている「ストリングライト」も初心者の方にオススメのイルミネーションです。垂らす、巻き付けるなど幅広く活用でき、例えばクリスマスツリーや壁面、窓やベランダなどの様々な装飾に対応できる使い勝手の良いタイプです。
また、イルミネーションをガラスの空き瓶などに無造作に入れてみたり、飾られた絵や写真のまわりに付けてみるなどアイディア次第で様々な演出が楽しめます。

このように、手軽に始められるイルミネーションで飾り付けつつも、さらに食卓にLEDキャンドルを並べたり、玄関のドアにはもみの木やリボンを飾ってみるなど、ほかのアイテムも一緒に活用するとより素敵な雰囲気になることでしょう。

近年注目のサマーイルミネーションを取り入れてみよう

イルミネーションといえば、冬のクリスマスシーズンに合わせた飾り付けが定番ですが、そのほかにも近年はサマーイルミネーションが新たな夏の風物詩として注目されており、季節問わず楽しむという方も増えつつあります。

サマーイルミネーションは、赤やオレンジ、黄色など暖色系のイルミネーションが使われることが多い冬とは異なり、主に白や青、緑色の寒色系のものを多く使って清涼感を表現した演出が魅力となっています。例えば、吊り下げタイプのカーテンライトや、広げて飾り付けるネットライトを使って滝や川をイメージしたり、ストリングライトで蛍の光を演出してみたりと、冬用に準備したイルミネーションを活用して初心者の方でも手軽に飾り付けられます。

さらに、風鈴やプラネタリウム、灯篭やキャンドルなどと組み合わせるとより夏らしい空間が広がりますので、イルミネーションで幻想的な夜のひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おうちイルミネーションを満喫しよう!

自宅で手軽に楽しめるイルミネーションについてご紹介しました。初めて自宅でのイルミネーションに挑戦する際は、まずは置き物タイプのモチーフライトなど手軽に取り入れやすいものを選ぶのがオススメです。また、本格的に冬のイルミネーションを始める前に、まずはサマーイルミネーションとして寒色系のライトを中心に少しずつ挑戦してみるのもよいでしょう。

今回ご紹介したポイントを参考にして、ぜひイルミネーションをご自宅でも取り入れてみてくださいね。

Please Sareこの記事をシェアする