menu
close
Knowledge

いくつ知ってる? クリスマス飾りの意味と由来

毎年クリスマスシーズンが訪れると、街のいたる所でクリスマスツリーとともに、色とりどりの華やか飾りを見かけますよね。
ご自宅でもクリスマスツリーやクリスマスリースを飾る方は多いのではないでしょうか。

クリスマス飾りといえば、ツリーやリース、他にも様々なオーナメントがあります。
見ているだけで楽しい気分になる、クリスマス飾りですが、それぞれどんな意味や由来があるかご存知ですか?

今回は、代表的なクリスマス飾りの意味や由来をご紹介いたします。

クリスマスの飾りの意味・由来とは?

クリスマスツリーを中心に、代表的なクリスマスの飾りの意味や由来を見ていきましょう。

トップスター

クリスマスツリーの一番上に、必ずといっていいほど飾られている星型の飾りを「トップスター」と言います。
トップスターは、イエスキリストの誕生を「東方の三博士」に知らせた「希望の星」が由来になっています。
人々を導くような大きく目立つ星は縁起が良いとされ、クリスマスツリーの頂上を飾っているのですね。

クリスマスベル

クリスマスベルは、イエスキリストの誕生日を人々に知らせる「喜びの音を鳴らすベル」という意味があります。
ベルの飾りには天使とセットの物が多く、これは天使がベルを持ちキリストの誕生日を人々に知らせる役目がある事が由来となっています。
また、ベル自体にも魔除けの効果があるといわれています。

オーナメントボール

現在は金属性メッキ状のボールのものが定番ですが、昔はリンゴを飾っていました。
リンゴは、アダムとイブが食べた「知恵の木の実」を象徴しているといわれ、「幸福」や「豊かな実り」の願いが込められてツリーに飾られるようになりました。

靴下

クリスマスで飾られる靴下は、聖ニコラウスという人物が貧しい家の子供たちを助けるために窓から金貨を投げ入れたら、暖炉のそばにあった靴下の中に偶然入ったという、サンタクロースのモデルになったお話が由来となっています。
ちなみに、クリスマスシーズンによく売られているお菓子が入ったクリスマスブーツは、日本だけでしか見かけないものなのだとか。

キャンディ

クリスマスツリーに飾り付けられるキャンディが杖の形をしているものが多いのは、「羊飼いが羊を導く杖」を意味しているからです。そこからキリストが人々を導いてくれるという祈りが込められています。
また、白と赤のストライプ模様のキャンディが多いのは、キリストの「白い心」と「血と愛」を表しているという説もあるそうです。

クリスマスリース

クリスマスリースの円の形は、始まりも終わりもない永遠を表し、「神に永遠の愛と命を願う」という意味があります。
またリースに付いたリボンは、「永遠の絆で結ばれますように」という願いが込められています。
さらにリースに飾り付けられることがある松ぼっくりやどんぐりは、かつて豊作の願いが込められていたことが由来しているといわれています。

イルミネーション

クリスマスのイルミネーションは、キリスト自身を象徴しているといわれ、「世を光で照らす灯り」という意味があります。
昔はろうそくが使われていましたが、火事の危険があるため最近では電飾が使われるようになりました。

クリスマスツリーはなぜ「もみの木」?

クリスマスの象徴、クリスマスツリーの樹木はなぜ「もみの木」なのでしょうか?

クリスマスツリーで使用されているもみの木は、針葉樹で冬場でも葉を落とさない力強さを持っていることから永遠の命の象徴とされています。
実際、もみの木を使用する理由には諸説がありますが、「永遠の命」という意味を踏まえた説も多いです。

またアダムとイブが食べるのを禁止されていた、「知恵の木の実」がなっていた禁断の木のモデルともいわれています。
先ほどご紹介したオーナメントボールの意味である「幸福」や「豊かな実り」と合わせて「永遠の幸福」の象徴として、現在まで使われているのかもしれませんね。

まとめ

毎年何気なく触れていたクリスマスを彩る飾りには、それぞれこんなにも意味や由来があることに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

クリスマスの飾りにはどれも「幸福」に結びつく願いが込められ、昔から人々が幸せを祈りながら大切に飾り付けてきたのだと思うと、クリスマスツリーがより神聖なものに映りそうです。

今年のクリスマスは、飾りの意味や由来を思い出しながらイルミネーションを楽しんでみたり、ツリーに思い思いの飾りを付けたりなど、大切な方と幸福を願いながら過ごしてみてはいかがでしょうか。いつもよりも心豊かなクリスマスになるかもしれませんよ。

Please Sareこの記事をシェアする