menu
close
Event/Spot

大阪「太閤園」で初のイルミネーション! 「ガーデンイルミネーション かさねの色目〜日本の伝統色〜」が開催中

大阪・網島町の「太閤園」では、敷地内の築山式回遊庭園で初となるイルミネーション「ガーデンイルミネーション かさねの色目〜日本の伝統色〜」が2019年7月1日(月)から開催中です!

日本庭園を美しい伝統色で彩るイルミネーション

日本庭園を美しい伝統色で彩るイルミネーション
大阪・網島町の「太閤園」は、関西経済界の雄として知られる藤田傳三郎男爵によって築造された邸宅が前身となっており、約8000坪もの敷地内にある築山式回遊庭園では豊かな自然と歴史の重みが訪れた人々を魅了しています。

そして今回、太閤園開業60周年企画の一環として美しい日本庭園が音と光で彩られた初のイルミネーションが開催され、自然と歴史が融合した見事な造形美とともに幻想的な世界が広がっています。

さらに、太閤園のイルミネーションは日本の伝統色である「和色」がテーマとなっており、20色もの雅やかなグラデーションでライトアップされた日本庭園が好評を博しています。

年間約30万人が訪れる島根県の「日本庭園 由志園」が協力

年間約30万人が訪れる島根県の「日本庭園 由志園」が協力
太閤園のイルミネーション、「ガーデンイルミネーション かさねの色目〜日本の伝統色〜」では、日本古来より伝わる伝統色のうち約20色を使って木々を照らした「七色に光り輝く鏡の池」が庭園を鮮やかに彩っています。
そのほかにも、微細なミストで池の水面を覆うことで雲海のように見せる霧の演出や、全長約25メートルにおよぶ藤棚をLED照明で彩ったイルミネーションが幻想的な夏の夜を演出しています。

また、太閤園のイルミネーションは、今後は季節ごとに演出内容が変更される予定となっています。
年間約30万人もの人々が訪れている島根県の「日本庭園 由志園」の協力を得て、数年かけて検証を繰り返しながら完成系を目指していく予定だそうです。

「日本庭園 由志園」では、これまで親和性があまりないのではないかと思われていた日本庭園で映える和のイルミネーションがここ数年行なわれており、年々来場者が増えています。
現在では、関東では見ることのできない和のイルミネーションを目当てに遠くから来場される方もいらっしゃるそうです。
今後、太閤園でもどんなイルミネーションが見られるのか期待が高まりますね。

豊かな自然と歴史の重みを感じる日本庭園を雅やかなグラデーションで彩った「ガーデンイルミネーション かさねの色目〜日本の伝統色〜」。
今年の夏は、大阪・網島町の太閤園のイルミネーションを訪れて日本の伝統・文化を感じてみてはいかがでしょうか?

ガーデンイルミネーション かさねの色目〜日本の伝統色〜

【開催場所】
太閤園 築山式回遊庭園(大阪市都島区網島町9-10)
【開催期間】
2019年7月1日(月)〜 ※季節ごとに演出内容を変更予定
【入場料】
2019年は無料(2020年以降有料化予定)
【公式サイト】
https://www.taiko-en.com/
【お問い合わせ】
06-6356-1110(太閤園 予約係)
Please Sareこの記事をシェアする