menu
close
Knowledge

LEDライトを自転車に取り付けるメリットとは?

数多くの種類がある自転車のなかでも、「ママチャリ」と呼ばれるシティサイクルに馴染みが深い方は多いのではないでしょうか?
そんなシティサイクルも、一昔前に比べてLEDライトが取り付けられることが多くなってきました。

そこで今回は、自転車にLEDライトを取り付けるメリットについてご紹介します。

従来の自転車ライトの仕組みとデメリット

自転車に取り付けられるライトは、夜間や暗い場所での走行時の安全を守るだけでなく、車や歩行者に自分の存在を知らせるというとても大切な役割があり、法律でもライトの点灯が義務付けられています。

現在では、スポーツサイクルなどをはじめとする多くの自転車にLEDライトが取り付けられていますが、一方で「ママチャリ」と呼ばれるシティサイクルの中には、今でも「ダイナモライト」という従来の自転車ライトが標準で取り付けられていることがあります。

主に白熱電球が使用されていることが多いダイナモライトは、自転車の前輪に取り付けられ、走行時に回転するタイヤの摩擦によって点灯する仕組みになっています。
ダイナモライトは自転車を漕げば点灯するので、電池が不要というメリットがありますが、タイヤの摩擦を利用するためペダルが重くなり、音がうるさい上にLEDライトに比べて明かりが暗いというデメリットがあります。

LEDライトを自転車に取り付けるメリット

自転車にLEDライトを取り付けるメリットとは?
シティサイクル(ママチャリ)には、これまでダイナモライトと呼ばれる白熱電球を使用したタイプのものが定番として取り付けられていましたが、現在ではより高性能なLEDライトも取り付けられることが多くなってきています。

LEDライトは従来のダイナモライトに比べて明るく、走行時の安全を守るためにより大きなメリットがあります。白熱電球を使用したダイナモライトを取り付けた自転車と夜間時に見比べてみるとその差は歴然です。さらに省電力で寿命が長く、なかには暗くなると自動で点灯するタイプもあるので便利です。

また、ダイナモライトをLEDライトに交換する場合は、電球を取り替えるだけでも点灯時のペダルの重さによる漕ぎにくさが解消され、音も静かになりますので違いに驚かれることでしょう。

自転車に合ったLEDライトを取り付けよう!

LEDライトを自転車に取り付けるメリットについてご紹介しました。
シティサイクル(ママチャリ)にLEDライトを取り付けることで、ペダルが漕ぎやすくなったり音が静かになるメリットが得られますが、なによりも明るさが増すことで走行時の安全を守れることが最大の利点といえるでしょう。
さらに、前輪に取り付けるフロントライトだけでなく、後ろに付けるテールライトも準備しておけば安心です。最近ではウインカーがついたものも登場しています。

また、LEDライトには乾電池タイプや充電タイプのものをはじめ、防水機能や簡単に脱着できるものなど様々な種類があり、おしゃれなデザインのものも多く販売されていますので、安全性などを考慮してぜひご自分の自転車に合ったものを選んでみてくださいね。

Please Sareこの記事をシェアする