menu
close
Knowledge

LEDライトがニキビ治療に使用されている?

イルミネーションをはじめ、さまざまな照明器具やディスプレイなどに使用されているLEDライト。
近年は、ニキビ治療に効果があるとして美容業界からもLEDライトが注目を集めていることをご存知でしょうか?

そこで今回は、LEDライトのニキビ治療への効果についてご紹介します。

LEDライトがニキビ治療に?!

LEDライトには、通常さまざまなカラーバリエーションが用意されています。そのなかでも、ニキビ治療に青色LEDが最も効果があることが研究で分かっており、現在は美容業界などで医療機器に活用されています。

青色LEDの光は、ニキビの原因となる「アクネ菌」を酸化させて殺菌する効果があるといわれているほか、炎症を沈静化させたり、皮脂の分泌を抑えるなどニキビの改善だけでなく予防する効果もあると考えられています。

そのため、美容皮膚科などでニキビ治療にLEDライトが使われることも多く、LEDライトを利用した自宅で出来るニキビケア用商品もさまざまなメーカーから販売されています。

LEDライトでニキビ治療するメリットとは

LEDライトでニキビ治療するメリットとは
ニキビ治療にLEDライトを使用するメリットには、美容皮膚科などでよく行われる方法の一つであるレーザー治療に比べて肌への負担が少なく、患部に光を当てるだけなので痛みもないという点が挙げられます。

また、レーザー治療はその後も赤みが出ないかなど皮膚の状態をよく確認して、患部を保護しておかなければならないことがありますが、LEDライトの場合はこういった負担も少なく済みます。

さらに、ニキビケア用商品として市販されているので気軽に取り入れることができますが、その一方でまだ新しい治療法で解明されていない点も多く、ニキビにお悩みの方はまずは医師に相談してご自分に合った方法でケアすることをオススメします。

青色LED以外のカラーもニキビ治療に効果がある?

ニキビ治療には青色LEDが最も活用されていますが、実は赤色と黄色のLEDにもニキビケアに効果があると考えられています。

赤色LED

赤色LEDには皮膚の細胞を活性化させ、ニキビの炎症を和らげる働きがあるとされています。しかし、その効果は緩やかでニキビの根本的な原因を解決するわけではないため、あくまでも治療の補助的に利用されることが多いそうです。

黄色LED

黄色LEDには皮膚の細胞を修復させる効果があるとみられているほか、バリア機能を高めてニキビをできにくくする可能性があると考えられています。しかし、現時点では解明されていない点も多く、現在も研究が続けられています。

このように、青色LED以外のカラーにもニキビ治療に効果が期待できることが分かりつつありますので、研究が進むにつれて今後LEDライトがますます注目を集めるかもしれませんね。

まとめ

LEDライトのニキビ治療への効果についてご紹介しました。イルミネーションなどで活用されているLEDライトが、ニキビ治療にも効果があるとして注目されていることに驚かれた方も多いのではないでしょうか?

LEDライトを用いたニキビ治療はまだまだ新しい方法ですので、日頃からニキビにお悩みの方はまずは医師によく相談してから治療方法を決めるようにしましょう。

Please Sareこの記事をシェアする