System制御システム

Light-O-Rama(ライトオーラマ)

音楽に合わせた光の動きや色の変化で見るものを魅了するイルミネーション・ショーは、 通常、舞台照明などの世界で一般的な「DMX」という規格で点滅制御しています。 しかし、DMXの制御には専門的な知識が必要でなかなか手が出しにくい世界でした。

そこで、現在注目を集めているのが、イルミネーション制御の分野で米国シェアNo1の「Light-O-Rama(ライトオーラマ)」というハードウエア・ソフトウエアです。 初めからイルミネーション制御に特化したLight-O-RamaのDMX信号対応イルミネーションコントローラなら、PC上の簡単な操作で音楽に合わせたきめ細かな点滅パターンのプログラムや制御が可能となっており、その他にも下記のような様々な利点や特徴があります。

Light-O-Ramaの主な特徴

mp3・wav等のオーディオファイルに対応し、PA接続による大規模な会場でも使用可能

音楽に合わせたイルミネーション制御では、mp3・wavなどの音源が使用可能です。PCに付属のステレオミニジャックはもちろん、USBオーディオI/Fを使用すれば大規模な音響設備にも対応可能です。

オーディオファイル以外にmpeg形式にも対応し、プロジェクションマッピングも可能

入力ファイルはオーディオファイルだけでなく、mpeg等のビデオフォーマットにも対応しています。プロジェクターを接続すれば、イルミネーションと連動した3Dプロジェクションマッピングも可能です。

作成したプログラムはSDカードに保存してコントローラにセット

作成したプログラムはSDカードに保存してコントローラ側にセット可能なため、常にPCに接続している必要がありません。点滅のスケジュール(曜日・時間など)もSDカードに保存できるので、完全にPCレスで点滅制御が可能です。また、センサー等の信号入力もありますので、人の動きに合わせた点滅パターンの設定なども行うことが可能です。

コントローラを追加して制御チャンネル数を増加

ネイティブのDMXプロトコルで制御できる数は「512チャンネルまで」という縛りがあります。しかし、弊社のコントローラの場合は、制御できるチャンネル数は最大で「3840チャンネルまで」可能です。また、最新のピクセルコントローラでは、ArtNetにも対応し、DMX 36ユニバース(18,432チャンネル)の制御も可能です。

その他にもLight-O-Ramaには、下記のような特徴もございます。

  • 音楽に合わせたイルミネーションショーを簡単に実現
  • 大きな制御チャンネル数
  • 豊富な制御可能対象
  • プログラムのシミュレーション機能
  • 柔軟なスケジュール機能
  • センサー等の外部入力も可能
  • 多くの音源、ビデオ形式に対応

Light-O-Ramaを使用したイルミネーション事例動画

お客様の事例動画

弊社倉庫前のイルミネーションショーの事例動画

イルミネーション用のコントローラ6台(96チャンネル)を使って、音楽と同期した制御の様子です。
(全景が写っていませんので、見えているのは約80チャンネル分になります)